交通事故ご遺族の方がすべき賠償とは

交通事故はある日突然発生します。

場合によっては皆様の大切なご家族やご友人が交通事故の被害にあい、お亡くなりになられてしまうケースもあります。被害者のご家族やご友人の悲しみは計り知れないものがあります。

 

死亡事故の損害賠償請求は、被害者はお亡くなりになられているので、被害者のご遺族の方が請求することとなります。

この場合、そもそも相続人がどなたなのか確定する作業に困難を伴うケースもあります。戸籍を集めるにしても容易でないことがあります。そのような場合にも、弁護士に相談すべきです。

 

相続人が確定したとしても、保険会社が発生した損害のすべてを賠償してくれるとは限りません。保険会社が、実際に請求できる金額よりも相当程度低い金額を示談として提案してくるケースが多々あります。特に死亡事故の場合は、損害額も高額に及ぶため、保険会社は少しでも減額しようとしてくる傾向があります。

示談する前に、必ず弁護士にご相談ください。

 

事例

保険会社の提示額
約3000万円
 ⇒  弁護士介入後の適正な賠償額
約5000万円

 

被害者のご遺族の方が請求できる損害賠償は、下記の4つの損害賠償になります。

 

死亡事故における損害賠償の4分類

 

分類

項目

死亡するまでの怪我による損害

救助捜索費、治療関係費、休業損害など

葬儀費

戒名、読経料、葬儀社への支払いなど

逸失利益

本人が生きていれば得られたはずの収入

慰謝料

被害者および遺族に対する慰謝料

 

葬儀費

葬儀費は葬儀そのものにかかった費用だけではなく、49日法事の費用、仏壇購入費、墓碑建立費が認められる場合もあります。

葬儀費には上限があり、自賠責保険では60万円までとされていますが、弁護士基準では130万円~170万円程度が適切とされています。

なお、香典返しなどの費用は葬儀費には認められていませんので注意が必要です。

 

慰謝料

被害者が死亡した場合の慰謝料には、大きく分けて2つの慰謝料があります。

1つ目は亡くなられた被害者ご本人の慰謝料、2つ目はご遺族の慰謝料です。

 

死亡事故における慰謝料は、損害のなかでも最も高額な項目となりますので、保険会社の提案が適切なものか十分に注意してみる必要があります。

 

慰謝料の場合も、自賠責保険の基準、任意保険の基準、弁護士基準があり、それぞれによって慰謝料の金額が大きく異なります。十分に確認することが必要です。

弁護士が介入することにより、慰謝料の金額を大幅に増額することが期待できます。ぜひご相談ください。

 

自賠責保険の基準の慰謝料

対象

ケース

慰謝料金額

被害者本人

350万円

被害者の父母、配偶者、子供

遺族が1名の場合

550万円

被害者の父母、配偶者、子供

遺族が2名の場合

650万円

被害者の父母、配偶者、子供

遺族が3名以上の場合

750万円

※死亡者に被扶養者がいる場合には、200万円が加算されます。

 

任意保険の基準の慰謝料(現在は廃止されている従来の基準)

ケース

慰謝料金額

一家の支柱であった場合

1,450万円

高齢者(65歳以上で一家の支柱でない場合)

1,000万円

18歳未満(有職者を除く)

1,200万円

上記以外(妻・独身男女)

1,300万円

※任意保険の統一基準は廃止され、現在各保険会社が独自に支払い基準を作成しています。

従来の基準に準じている保険会社では、自賠責保険の基準よりも少し高い金額が採用されていることもあります。

 

弁護士基準の慰謝料

ケース

慰謝料金額

一家の支柱の場合

2,800万円

母親、配偶者

2,500万円

その他の場合

2,000~2,500万円